HOME  >  NEWS

2018.9.13 新型ファイバーレーザハンディ溶接機 FLW-300MT導入

ファイバーレーザー搬入画像  ファイバーレーザー発信器画像  ファイバーレーザー作業画像

駒ヶ根工場に新型ファイバーレーザハンディ溶接機 FLW-300MT(amada) が導入されました。 FLW-300MTは、300W 発振器搭載、省スペース・省エネ型のファイバーレーザ溶接機で、平均出力の約10倍もの高いピーク出力を得ることができる新方式の発振器を採用した最新のファイバーレーザーハンディ溶接機です。高輝度ファイバーレーザーの波形を制御する事でワークへの急熱、急冷を制御して、焼け歪の少ない溶接が可能となり、異種金属同士の結合、焼結金属の溶接においても、クラックやブローホールの抑制に効果を発揮します。波長制御によりワークへの適切な入熱をコントロールできるので、溶接部の強度を向上させる事も可能です。加工相談・お見積りなどありましたらこちらから、お気軽にご相談ください。
FLW-300MT 概要
 最大定格出力 300W(パルス) ※270W(CW)
 最大ピーク出力 2700W(パルス) ※270W(CW)
 波長 1.07±0.003 ㎛
 特徴
  ・ムダになる熱量を最小限に抑えられることから、完全空冷方式での冷却が可能となり、チラーを必要とする水冷方式に比べメンテナンス性が向上します。
  ・簡易モードでは「出力」と「周波数」を選択するだけで、 簡単に溶接条件を選択することができます。材質に応じて波形制御を行うことで、レーザ発振波形を変化させ、入熱をコントロールした理想的な溶接を実現します。
  ・リアルタイムパワーフィードバック機能によるアシストにより、あらかじめ設定した出力波形を得ることが可能で、バラつきのない安定した加工を実現します。
  ・アマダではマシンを安心してお使いいただくために、標準仕様としてパーテーション、ワイヤレスヘルメット、ハンディトーチ等の安全対策を行っています。
      FLW-300MT詳細はこちらから

2017.7.21 最新コンパクト複合機 LC2012C1NT導入

新C1搬入画像2  新C1設置画像3

駒ヶ根工場に最新コンパクトレーザー複合機 LC2012-C1NT(amada) が導入されました。 LC-C1NTは、必要なテクノロジーをマシン本体に内蔵(ビルトイン)することで、時間のかかる立ち上げ作業、わずらわしい段取りから作業者を解放する優れた作業性を実現された最新複合機で、限られたスペースを有効活用出来るコンパクトな設備となっています。レーザ加工とパンチング加工をスムーズに高速で切り替えることで、工程統合・加工領域の拡大はもちろん、高精度高品位加工を実現した設備で、現在主流となっている小ロット多品種にフレキシブルに対応可能となります。加工相談・お見積りなどありましたらこちらから、お気軽にご相談ください。
LC2012-C1NT 概要
 プレス能力 200KW
 レーザー定格出力 2KW (加工板厚6mm)
 加工領域 2500×1270(パンチ) 2000×1270(レーザー)
 特徴
  ・多彩な金型(パンチング・成形・タップ)をタレットに搭載し、段取りレスと高速加工を実現
  ・レーザ軸・パンチ軸同時動作による高速切り替え
  ・製品の裏キズ低減と材料セット工数を削減
  ・複合加工精度±0.07mmを実現(アマダ・マスターサンプル基準)
      LC2012C1NT詳細はこちらから

2016.3.16 テーブル式インバータースポット溶接機 TS3-NT導入

TS3搬入画像1  TS3搬入画像2  TS3-NT

駒ヶ根工場にテーブル式インバータースポット溶接機 TS3-NT(amada) が導入されました。 TS3シリーズの優れた操作性と溶接品質は、今までのスポット溶接の常識を変えます。これまで人数を必要としてきた大物、長尺、深い箱ものワークの溶接、従来のスポット溶接では、大変な工数がかかり、コスト、品質の面で多くの不安要素が有りました。テーブルスポット溶接機TS3シリーズではこれらの問題を一挙に解決して、高品質、高精度なスポット溶接を実現致します。現在稼働中のスポット機と合わせ生産能力を増強しまいたので、少量多品種・短納期の対応が今まで以上に強化されました。加工相談・お見積りなどありましたらこちらから、お気軽にご相談ください。
加工可能材質
 SPCC,SUS,アルミ(A5052),真鍮(C2801) ets
      TSシリーズ詳細はこちらから

2016.1.10 駒ヶ根工場が駒ヶ根市消防団から感謝状の贈呈を受けました

表彰式画像  感謝状画像

駒ヶ根工場が日頃の消防団活動への理解、協力、支援の姿勢を評価され、駒ヶ根市消防団より表彰されました。今後も地域に根付いた活動も仕事の一貫と考え、消防団活動を支援している会社として、仕事、消防団員共に頑張っている社員を応援して行きます。

2015.10.24 高速・高精度サーボベンディングマシン EG6013導入

EG搬入画像1  EG搬入画像2  EG設置画像

駒ヶ根工場に高速・高精度サーボベンディングマシン EG6013(amada) が導入されました。 EGシリーズは世界初のデュアルサーボプレス構造による2軸独立のサーボ 駆動により、0.001mm単位の送り精度と、従来機に比べ約1.4倍の高生産性を可能にした、高速・高精度・エコな最新型ベンディングマシンです。社内ネットワークでCAD/CAMとの連動が可能で展開図で指示された曲げ寸法角度、成形形状など認識して、適切な曲げ加工を行う事が可能です。操作性も従来機型の15インチより大きい18.5インチ、ワイドディスプレイへと変更され、プログラムや曲げに必要な情報を一目で確認出来、曲げ箇所、曲げ寸法の間違い防止として大いに役立ってくれるでしょう。現在稼働中のFBD2台と合わせ生産能力を増強しまいたので、少量多品種・短納期の対応が今まで以上に強化されました。加工相談・お見積りなどありましたらこちらから、お気軽にご相談ください。
EG6013 概要
 加圧能力 600KW
 テーブル長さ 1350mm
 ストローク長さ 150mm
 曲げ速度 25mm/s
 特徴
  ・DSP構造で高出力加工用と高速ストローク用の2つのサーボモーターを搭載したことで、省エネでありながら高速・高生産性を実現
  ・AMNC 3i採用でスマートフォンのような直感的な画面操作が可能
  ・新バックゲージシステムの搭載により、さらなる高精度・高生産性を実現でL軸繰り返し精度は±0.003mm
      EG6013詳細はこちらから

2014.5.9 新レーザー複合機 LC2012C1NT導入

C1搬入画像1  C1搬入画像2  C1設置画像

駒ヶ根工場に最新レーザー複合機 LC2012-C1NT(amada) が導入されました。 お客様のニーズの変化を受け、少量多品種の短納期対応に適したレーザー複合機の導入を行いました。現在稼働中のMEL3510に次いで2台目の導入で、少量多品種・短納期の対応が今まで以上に強化されました。現在の設置作業から1週間程度のランニングテストを経て本格稼働となる予定です。加工相談・お見積りなどありましたらこちらから、お気軽にご相談ください。
LC2012-C1NT 概要
 プレス能力 200KW
 レーザー定格出力 2KW (加工板厚6mm)
 加工領域 2500×1270(パンチ) 2000×1270(レーザー)
 特徴
  ・多彩な金型(パンチング・成形・タップ)をタレットに搭載し、段取りレスと高速加工を実現
  ・レーザ軸・パンチ軸同時動作による高速切り替え
  ・製品の裏キズ低減と材料セット工数を削減
  ・複合加工精度±0.07mmを実現(アマダ・マスターサンプル基準)
      LC2012C1NT詳細はこちらから

ADDRESS

株式会社 竹村製作所
東京事業所
〒206-0802 東京都稲城市東長沼1703-2
TEL 042-378-3851
FAX 042-377-8600
E-mail:info@takemura-tokyo.co.jp
>>お問い合わせフォーム

駒ヶ根工場
〒399-4117 長野県駒ケ根市赤穂大徳原16689
TEL 0265-83-3188
FAX 0265-83-5120

ISO14001取得

iso14001_150112 _small.jpg
>>環境への取組

グループ企業

株式会社 共栄テック
〒024-0335
岩手県北上市和賀町後藤2-48-6
TEL 0197-71-7070
FAX 0197-71-7007
共栄テックHP