HOME  >  環境機器製品  >  3Dデータ活用

3次元データ活用のメリット

3Dデータに加工データをリンクさせることで3Dデータ中心のものつくりが可能に
    板金加工の中でネックとなっているものが展開作業ですが、3Dデータモデルを活用することで
    展開作業時間を大幅に短縮することが出来ます  (2D使用時の約20倍の展開効率化)
    データ展開が終了すると社内データサーバーからのネットワークを経由し
   同時並列的にブランク加工、曲げデータ、等、各加工データを自動作成する事で
   迅速確実なデータ作成 = 短納期・高品質の実現  が可能となります。

展開時間の比較(サンプル例)

3Dデータからの展開

SheetWorks140311_2.gif

2Dデータ(DXF)からの展開

SheetWorks140311-3.gif

3Dデータを使用すれば自動展開が可能になり、スピード・確実性が飛躍的に向上します。
今まではベテランオペレーターが図形を確認しながら行っていた形状不良などによる
加工問題にも設定変更だけで抽出ができ、納期の短縮を図ることが可能です。

Sheet worksについて

当社では、アマダ製 Sheet works for Unfold を使用して、お客様が3D CAD(2D CAD)で設計された
データを元に、当社設備での一貫生産を実施して板金部品等の製造を行っております。

Sheet works の特徴

  • 2次元から3次元まで、さまざまな種類CADデータの取り込みが可能
    3D:IGES,STEP,Prasolid(x_t,x_b),Acis(sat),(prt)(sldprt) 2D:DFX,DWG 等
  • 展開から曲げまで全行程のデータ共有・一括管理で迅速かつ確実な生産が可能
  • 板金モデルチェック機能で加工上の問題点を検出して戻り工数削減
  • 板金/非板金を問わず強力なモデリング機能を保有し設計変更にも柔軟に対応
  • SheetWorksはベースCADにSolidWorksを採用

SheetWorks0311_1.gif

▲このページの先頭へ

ADDRESS

株式会社 竹村製作所
東京事業所
〒206-0802 東京都稲城市東長沼1703-2
TEL 042-378-3851
FAX 042-377-8600
E-mail:info@takemura-tokyo.co.jp
>>お問い合わせフォーム

駒ヶ根工場
〒399-4117 長野県駒ケ根市赤穂大徳原16689
TEL 0265-83-3188
FAX 0265-83-5120

ISO14001取得


>>環境への取組

グループ企業

株式会社 共栄テック
〒024-0335
岩手県北上市和賀町後藤2-48-6
TEL 0197-71-7070
FAX 0197-71-7007
共栄テックHP